FINANCIAL CONSULTING
財務コンサルティング

財務強化対策の必要性

たとえ今業績が好調で利益が着実に出ているとしても、将来何があるかは誰にもわかりません。
法人が利益を計上し続けるのは難しいことです。

赤字の発生要因
  • ●災害による事業損害・事業中断
  • ●多額の退職金支払
  • ●競争激化など外的要因による売上減少
  • ●子会社整理による特別損失
  • ●取引先の倒産
  • ●社長の死亡による信用力低下・売上減少
  • ●価格変動による仕入コスト上昇
  • ●大型設備投資などに伴う減価償却費
  • ●リストラ費用
損失が発生するケース
損失の発生要因
発生が予測できないもの
●災害による事業損害・事業中断
●法律の変更や行政による規制などによる売上減少や利益率の低下
●経営者および優秀な社員の死亡・事故・大病による売り上げ低下や信用力低下
●同業他社の悪評からなる風評被害による売り上げ低下
●多額の退職金支払い(主に死亡退職金)
●取引先の倒産
●競争激化など外的要因による売上減少
●リストラ費用
など
発生が予測できるもの
●法定福利費の負担増大
●消費税アップによる影響
●為替変動や価格変動による仕入れコスト上昇
●含み損のある資産の売却
●短期の前払費用
●備品の購入
●固定資産の棚卸
●未払費用の計上
●固定資産の修繕
●大型設備投資などに伴う減価償却費
●多額の退職金支払い(生存退職金)
●子会社整理による特別損失
など
予測・不測を可能な限り想定内として準備すること
=『財務強化対策』

将来の損失に、保険の「貯蓄」機能を活用して準備することができたら…。
これが「財務強化対策」の考え方です。

財務強化対策についてのご相談はこちらから

このように、3年、5年先はどうなっているかわからない、という不安を抱える経営者は多くいらっしゃいます。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
ページ上部へ