OFFICIAL BLOG

優しさの塊の女性!佐賀県武雄支店のスタッフ紹介

2021/08/24

公式ブログ
優しさの塊の女性!佐賀県武雄支店のスタッフ紹介

こんにちは、保険代理店のイデアルライフです。

 

今回は佐賀県武雄市の営業スタッフである徳永を紹介したいと思います。

 

 

 

――自己紹介をお願いします。

佐賀武雄市店の営業をしている徳永浩子と言います。休日は子供の部活観戦や、犬のお散歩をよくしています。

――子供の頃の夢はなんでしょうか?

子供の頃の夢は保育士さんでした。子供が大好きなので、子供の世話をしたかったんです。今では二人の子供の世話をしていますが、逆に子供からパワーをもらっているおかげで前向きに仕事ができることに感謝をしております。

――イデアルライフに転職した理由はなんでしょうか?

私は今までずっと1社専属の保険会社で営業をしておりました。営業をしていく中で、1社専属だとどうしても提案の幅が限られてしまいますし、更新型の更新時期に見直しをする際に保証が切れてしまったり、病気だと審査が厳しくて保険が加入できなかったりと、お客様に満足のいく保険の商品を提供できないことに不満があり、保険の総合代理店であるイデアルライフに働くことにしました。

 

――数ある保険の総合代理店の中で、なぜイデアルライフに?

一番の理由は、イデアルライフの経営理念に共感できたからです。

 

――経営理念とはどんなものなのですか?

簡単にいうと、

社員の幸せを追求する!

感謝感動を大切にする!

常に最善を尽くす!

一生懸命に生きる!

社員全員が幸せに生きる!

ということだったと思います。

 

――実際に転職してみてどうでしたか?

転職直後は給料は下がるので大変でした。覚えることも総合保険代理店なので、たくさんのことを学ぶ必要がありました。ただ、スキルアップとして毎日のように研修があって、自分も成長することでお客様への提案の幅が増えていくことが楽しかったです。1社専属の保険会社だとそれができなかったので辛かったですが、今ではお客様一人ひとりにカスタマイズして商品を提案できることに喜びを持って仕事ができているので幸せです。

 

――印象に残っているお客様はいらっしゃいますか?

はい、30代の家族の奥様の家に訪問したところ、その方のお母様も同席してくださいまして、今まで加入していた他社の保険が更新の時期になっているので、相談に乗ってくださいというものでした。今のままでは更新すると毎月の支払い額が倍になってしまうというもの。こちらで見直しの提案をさせていただくことになり、満足の結果として「もっと早くあなたに会いたかった!」と言ってもらえたことが嬉しかったです。それをきっかけに、その方の息子さんや奥様まで紹介してくださりました。

 

――保険とはなんだと思いますか?保険は必要なのでしょうか?

日本の社会保障制度は世界の中でも優れていると思います。健康保険制度や介護保険制度、遺族年金制度、生活保護の制度など。いざという時に、国が助けてくれる保証制度があります。ただ、その国の保証制度でも足りないものがあると思います。また、自然災害やコロナや病気や怪我など、最悪の事態も考えておく必要もあるかと思います。その、万が一に備えて保険は必要なものだと思っております。また、以前話題になった(老後2000万円問題)や、iDeCoや NISAなどがありますが、老後の資金のことも今のうちから考えておく必要があると思います。そのためにも保険は大切なものだと考えます。

 

――最後に保険を検討されるお客様に向けて

保険に入れば安心というものではありません。保険の担当者任せにするのもよくありません。自分でも勉強することが必要だと思います。保険は高い買い物です。また病気や怪我にならなくとも、老後は必ずきます。老後の資金のことを考えなければなりません。自分の人生の先を考えて、自分でも勉強して、ちゃんと納得のいく説明をしてくれる保険会社にお願いするようにしましょう。